安全作業のために 製品を安全に正しくお使いいただくためのワンポイントアドバイスです。

セット動噴

作業の服装と防護具

●図のような各種保護具を着用しましょう。また、使用後 は十分に清掃してください。

作業の服装と防護具
薬剤について

●使用する薬剤の取扱い説明をよく読んで、用法、用量、使用上の注意を守って正しくご使用ください。散布量や薬剤の種類を間違えると、薬害を起こします。

●有機溶剤を含む薬剤のご使用はお控えください。有機溶剤はパッキン、ホース類を傷めやすい薬剤です。やむを得ずご使用される場合は、使用後に必ず清水で十分に洗浄してください。洗浄が不十分ですとパッキン、ホース類が損傷し、機械故障の原因になります。

薬剤について
散布の注意

●散布しようとする作物以外に農薬がドリフトしないように細心の注意をして散布しましょう。

 ① 風の弱い時に散布します。
 ② 散布の位置や方向に注意します。
 ③ 適正なノズルを使い適正な圧力で散布します。
 ④ 適正な量を散布します。
 ⑤ 園地の端部では特に注意します。

散布の注意
健康維持への配慮

●散布作業は薬害を起こさぬよう、下記に注意してください。

①風上から風下に向かって作業する。

②朝夕の涼しい時間帯に散布する。気温が高いと薬剤の蒸気を吸込む恐れがあります。

③タバコや手についた薬剤が口から入らぬよう、喫煙・飲食は控える。

●作業が終わったら、全身をよく洗い、うがいをしてください。

健康維持への配慮
使用前のチェック
噴霧ホース・ノズルの取付

●噴霧ホース・ノズルの取付
噴霧ホース、ノズル類を取り付けます。各接続部のパッキンに傷や変形が無いか確認してください。ノズルが付属していない機種は、吸水量の30%程度を余水として確保できるノズルを選びます。

吸水ホース・余水ホースの取付

●吸水ホース・余水ホースの取付
ポンプに吸水ホース、余水ホースを接続します。パッキンが確実に入っているか確認してください。吸水ホースの先端にストレーナを取り付け、薬剤タンク内に入れます。余水ホースは暴れないようにバンドで確実に固定してください。

オイル・燃料の確認
オイルの確認

●オイルの確認
使用前に、エンジンとポンプ両方のクランクケースにエンジンオイルを入れます。※給油しないとエンジン、ポンプが破損しますので必ず給油してください。2サイクルエンジンセット動噴は給油の必要はありません。※給油量は取扱説明書を参照してください。

燃料の確認

●燃料の確認
エンジンの種類により使用燃料が異なります。必ず決められた燃料を使用してください。

エンジン回転とポンプの取扱い
エンジン回転とポンプの取扱い

●作業時のエンジン回転は高速で使用してください。また、薬液が無くなったら速やかにエンジンを停止してください。空運転を続けるとポンプが破損します。

作業後のチェック
本体部

●本体部

・清水を吸水させ、本体、ホース、ノズルの洗浄運転を行ってください。

・吸水ホースをタンクから引き上げ空運転を行い、コックを開け水抜きを行ってください。なおポンプ破損防止のため、空運転は1分間以内にしてください。

エンジン部

●エンジン部

・(4サイクル)燃料コックを閉じ、長期保管の場合はキャブレタ内の燃料を抜いてください。

・(2サイクル)次回の使用まで10日間以上ある場合は、タンク・キャブレタ内の燃料を抜き取ってください。

※必ず取扱説明書をお読みになってからご使用ください。

ページトップへ