研修プログラム

5年後、10年後を見すえた研修体制。一人ひとりが育つ環境が、ここにはあります。

先人たちによって、現場で積み重ねられてきた「技術」。そうした財産が次代にも継承されるためには、一人ひとりを大切にした教育環境が必須です。丸山製作所では、キャリアや職種ごとに、段階的に身につけられる研修制度を整えています。特に力を入れているのが、新入社員研修。MARUYAMAブランドの一員としての基本的な知識・技能を身につけるため、6ヶ月間という時間をかけ実施しています。配属後に各職場で実施されるOJTでは第一線の現場で“生きた技術”が学び取れます。社員と会社が共に成長し続けられるよう、社員一人ひとりの可能性を信じ、研修を通して、それを最大限に引き出したいと考えています。

研修制度

  • A.新入社員研修

  • B.職種別研修

  • C.階層別研修

  • D.自己研鑽

  • E.その他

A.新入社員研修


入社前(1月~3月)

通信教育(ビジネスマナー)
社会人になるための準備として、入社前にビジネスマナーの通信教育を用意しています。

入社後新入社員研修(4月~9月)

  • ビジネスマナー研修
    社会人として最低限必要なビジネスマナー研修を、2日間にわたり行います。名刺の渡し方、ビジネス文書の作成方法、電話の取り方といった技術的な課題や、学生から社会人へと変わる意識改革など、一社会人として、また丸山グループ社員としての自覚を持っていただくための研修です。
  • 社内研修
    会社の仕組みを勉強していただくための研修です。丸山製作所グループの歴史、各部署の役割、会社がどのように動いているかについてなど、社員が講師となって説明します。
  • 製品研修
    千葉工場において、実際に製品の分解、組立、実演などの製品研修を行います。いままで機械に触ったことがない方がほとんどだと思いますが、約1ヶ月間、社内の専門講師によってしっかり教われます。研修ではほぼ毎日小テストがあり、赤点を取ると再テスト…なんてこともあります。職種にかかわらず、丸山グループの一社員として必須となる製品知識を身につけていただきます。
  • 製造研修
    生産ラインに入り、機械がどのように組み立てられているのか、どのような流れでつくられているのかを体験していただくための研修です。特に技術職の方は、機械の使いやすさだけではなく、機械の組み立てやすさも設計開発では重要な要素。製造の現場を実体験していただき、今後の開発に活かしていただく貴重な経験になると思います。
  • 営業研修
    全国各地にある営業拠点において、先輩社員に同行したり、展示会というイベントに出たりしていただきます。丸山製作所にとってお客様となるディーラーだけではなく、実際に機械を使っているエンドユーザーの方への接客も行います。いままでは社内研修でしたが、ここからはいよいよ社外の方との接触がありますので、入社時に行ったビジネスマナーを思い出し、責任を持った対応が求められます。営業研修ではじめて商品を販売できた時の喜びは、忘れられない経験になるはずです。

いよいよ配属先へ!(10月)

配属先での職種別研修・OJT研修
ひと通りの研修が終わり、いよいよ配属先へ。職種ごとに異なりますが、最初は必要な資格取得の勉強をしたり、先輩社員に同行したり、いちから仕事を学んでいただきます。分からないことを当たり前のように教えてもらっていた学生時代とは違い、先輩社員は自分の仕事がある中で、皆さんに指導をします。分からないことは自ら聞く、確認する。そして、教えてもらったことに対して感謝の気持ちを忘れない。それが仕事を早く習得するポイントです。新入社員の特権を活かし、分かったふりをせず、分かるまで聞いてみましょう!

フォローアップ研修(2月)

配属先へ行って、がむしゃらに仕事を覚える毎日。仕事の流れが見えてきたことで疑問に思うことも出てくるはずです。入社翌年の2月にそういった不安要素の解消を目的としたフォローアップ研修を行います。また、新たな年度に入れば、新入社員ではなく先輩社員という立場になるため、仕事の考え方、今後の働き方などを、改めて考えていただく時間にもなります。久々に同期で集まるいい機会にもなると思います。

B.職種別研修

技術職の場合は先輩社員が講師となり、社内で資格取得の勉強会を行っています。「自ら向上心を持って勉強していきたい!」「色々なスキルを身につけたい!」という意欲のある方を成長させる土壌がしっかりありますので、ぜひ積極的に参加してください。営業職の方は仕事上必要な資格取得研修のほかに、営業職向けの製品研修も行っております。日々の仕事の中であいまいになっていた機械の知識を補い、認識不足を防ぐための研修です。レベルに合わせて研修を行うので、終了後は、機械が苦手な方でもメーカー社員として自信を持って営業活動に向かえます。

C.階層別研修

各階層別の社員教育研修を用意しております。職種にかかわらず、階層別で求められる知識、役割、仕事に関する考え方などを習得し、さらなるスキルアップを目指します。近い年代の社員が集まりますので、職種を超えて情報交換するいい機会にもなります。

D.自己啓発

年に1回開講している通信教育では技術職、営業職、生産職、スタッフ職など職種別の通信教育から一般教養まで、100コース以上の中から選択でき、期間内に修了すれば、会社から70%の補助が出ます。また、仕事上必要な研修であると上司が認めた場合には、外部で行われている公開セミナーに参加することもできます。待ちの姿勢ではなく、自ら進んで色々なセミナーを探し、上司に申請する方も大勢います。全社をあげて意欲のある方を応援しています!

E.その他

ライフプラン研修
定年退職5年前の方を対象にした、ライフプラン研修を導入しています。公的年金をはじめとした社会保障制度やマネープランなどを学び、充実した人生を過ごすための要素について考えます。